活性酸素は体内で発生し、人間の遺伝子に傷をつけることでがん細胞を発生させたり、体を酸化させることによって体のあらゆる部分を老化させたり、生活習慣病を誘発します。現代社会で生きていく上でストレスを感じたり、仕事が忙しくて生活習慣が乱れてしまうことで、活性酸素は体内に発生してしまうので、100%防ぐことは中々難しいことなのです。だからと言って、まだ諦めるのは早いです。活性酸素から身を守る「スカベンジャー」という抗酸化物質が体内には存在しています。抗酸化物質とは、その名の通り、活性酸素によって起こる体内の酸化を防いでくれる物質のことです。スカベンジャーには、体内で作られる物と体外から取り入れられる物とがあります。体内で作られるスカベンジャーは酵素の一種で、体内でスカベンジャーが活性酸素と結びつくことによって、体に影響を与えない物質に変化させてくれるのです。しかし、スカベンジャーは20代が折り返し地点となり、20代以降は年齢を重ねると共に、体内で作られる量が低下していく一方になります。そこで、体外からスカベンジャーを取り入れる必要が出てくるわけです。食物からも摂取することが出来るので、比較的簡単に体内に取り入れることが出来ます。スカベンジャーが含まれている物質は、例えば、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群です。このような物質の他にも、赤ワインやココアにもスカベンジャーが含まれているので、積極的に摂取するよう心がけるといいかもしれませんねー