頭痛薬を飲んでの脱毛は出来るのか

もはやエステサロンやクリニックで脱毛をすることが男女関係なく当たり前になっている昨今。部分的なパーツで脱毛する人や全身ムダ毛が気になる人は全身脱毛で徹底的にケアをする人など、様々です。脱毛をするときには必ずカウンセリングを行います。カウンセリングでは薬の服用の有無や生理中か、体調の変化から肌の状態など細かく聞かれます。そんな中でも気になるのは頭痛薬を含んだ薬の服用には特に注意が必要です。頭痛薬を飲む人は珍しくなく、日常的に頭痛薬を持ち歩いている人もいるほどです。ではなぜ頭痛薬を飲んでしまうと施術を行えないのかというと薬の成分に問題があるからです。薬の中には光線過敏症という光に過敏に反応してしまう成分が含まれている物もあります。そのため、その薬を服用したまま施術を行うと、火傷などの肌トラブルに繋がる恐れがあるからです。予防接種したときも同様で脱毛はできません。市販の薬も病院の薬もおよそ二日ほど期間をあけますが、脱毛サロンによっても基準は異なります。予防接種になってしまうと、10日はあける必要があります。薬の服用や予防接種をした場合は、必ずカウンセリングのときに申告し、トラブルを回避しましょう。

筆者について

rankup

記事を表示 →